肌のマッサージでシワやシミが減る?改善するには根気も必要!

肌のマッサージでシミやシワが減る?

マッサージはたるみが効くとはよく聞く話ですが、シワやシミにも効くのでしょうか。

私は最近クレイパックにハマっています。

クレイパックは、キツく洗顔しなくても、汚れを吸着してくれるので、角質層を傷つけません。

なので、パックの方が断然肌のターンオーバーを正常にしてくれます。

その結果、シミも薄くなるし、潤いを保つ事が出来るので、シワも減ります。

 

マッサージでシワやシミが減るのか?

 

マッサージでシワやシミが減るのか?

 

 

・シワやシミを増やさない事に於いて

マッサージだけでシワやシミが減るかどうかについては、実際マッサージだけで・・・?とは言いにくいものがあります。

ですが、言い換えると、肌のマッサージを繰り返すことで、老化促進を抑える事は、可能かもしれません。

マッサージだけでなく、肌にもしっかりと細胞に栄養を供給することも大事ですよね。

シワやシミの発生を抑制する、若しくは増やさないための健康医学はあります。

なので、肌のマッサージをそのヘルシーケアの一環として行う事が望ましいのです。

・症状を低減するという考え方

シワやシミと言うのは病気ではありません。

例えば白髪の場合、たゆやかな量を保持している老人の頭は美しいものです。

ですが、中年以降で白髪が増えてしまったときには、やはり隠したいもの。

そして、なるべく白髪やシワシミを増やしたくないというのは切なる願いです。

もし、白髪の毛母細胞が復活するのなら、そう期待をかけることはあるでしょう。

現状では、白髪の発生を低減するために、毛母細胞の活性をいつも元気づけておく以外に方法はありません。

ようするに、シミやシワも肌の細胞の元気を保つという事です。

黒い髪の毛の色素は、髪の命です。

その色素の合成は、天然の細胞の中で行われますが、これは、昆布やわかめの色素がそのまま使われるという事ではなく、細胞の中で再合成される色素返還になります。

ですが、海藻類の濃い栄養素は、毛母細胞に有効であることは、事実知られているのです。

シワもシミもこれ以上増やさない為に、要するに細胞の老化を防ぐためにという事での栄養摂取と、良い刺激のマッサージは有効でしょう。

 

肌の改善にはマッサージだけでは難しい

 

肌の改善にはマッサージだけでは難しい

 

・白髪の改善の手法

白髪を改善するには、やはり染める。

ということが、実際の社会性です。

そして、白髪を改善するということに、マッサージをすればと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、事実の流れは違います。

つまり、前述のとおり、ただのマニュアルと一変通りの知識では、白髪の増発へは改善の余地がないのです。

つまり、黒い髪を増やすこと、それを天然の増毛で増やすことに意識を傾けて、マッサージを組み合わせる事が、一番の改善策です。

細胞の老化を防ぐことは、若くあることです。

・シワにも味がある?

シワがある方が良いという人も少なからずいます。

まぁ、一般的には嫌われる存在ではありますけどね。

要するに本来の問題は、肌の細胞はいくつになっても生み出しているのですが、年を取るにつれ、その細胞が減少するという意味なのです。

そのあたりの事を考えると、肌の美しさは古来より言われるテーマですが、ふっくら肌を持ちつづけるのは、ヘルシーライフにその根源の意味がありそうです。

つまり、一篇通りなマッサージだけでは脱落する人も多く、そして、栄養学だけでも事足らない。そして、体力トレーニングだけでも不十分であるということになります。

つまり、総合的な考えと理論、知識の元に、肌のマッサージには奥深い課題があり、メインテーマとなります。

私自身は、マッサージよりパックを皆に勧めています。

パックで、自己治癒力を高める方が断然よい結果になると思っているのです。

そして、オススメするパックは、エレクトーレのクレイパックです。

タレントのスザンヌさんや加藤紀子さんが愛用している事で有名ですよ。

一度エレクトーレの効果と口コミを覗いてみてくださいね。

オススメパック!エレクトーレの効果と口コミまとめ

 

まとめ

 

まとめ

 

マッサージと言うのは、実際問題として、簡単にできるわけではないというのが、一応の知識です。

もし、専門領域の話であれば、専門のエステティシャンに頼むのが一番有効です。

さらに、顔以外の頭皮マッサージを自らに行えるかどうかも、簡単なマニュアルでは、効果が出にくく、総合的な栄養学・トレーニング学・衛生学と兼ね備えなければなりません。

単純に頭皮マッサージだけで、白髪が改善されるというのは、信じがたいこととして疑われるべきです。

ただし、それを、出来るのならと言う点で、人のうわさには上ります。

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です